好転

人権擁護法案、とりあえず今国会での提出は見送られたようです。
しかし油断してはいけません、人権擁護とは聞こえのいいもの、時期を見て忘れた頃にまた流れはやってきます。


野中、古賀、平沢。欲の化身はさっさと寿命を迎えて欲しい。

特に北朝鮮問題のことで平沢勝栄を真面目な政治家だと思った人は注意するように、全て利権のためです。法務部会での会話が全てを証明しています。


あとこれは皆わかっていると思うけど、南野法務相は役立たずですので。



まぁ、このまま一旦消えるなら歓迎。


リネは40%になりました。
[PR]
by deadontime | 2005-03-13 09:57
<< まだやる気か 続・人権擁護法案 >>