<   2005年 04月 ( 7 )   > この月の画像一覧

人生の価値

交友の価値。

お金の価値。

仕事の価値。


何でもいいけど、価値っていうものの判断基準は大概幼い頃から意識に刷り込まれている。


高校に行く、とか。

大学に行く、とか。

就職する、とか。


当たり前というのは何であれ自分自身への洗脳であり、決して真理ではないんだよね。

何となくそれが普通なんだと思い込み、よく言う「レールの上に乗って」という状態になるのは何も珍しい事ではない。むしろ人という動物が集団生活をする習性を細胞レベルで持っているのだとしたら致し方ないことだろう。

逆に言えばそういう状態を超意識的に無視して物事を決定していく人は良い意味でも悪い意味でも恐ろしい。


「俺は高校には行かない、一年間本気で働いて金を貯めて自分の道を作る」


これを、自分の道というのを具体的に見ている人がいったとしたらカッコイイよね。
でも、見えてない人が言ったら相手にしないよね。



俺自身も高校1~2年の間くらいだったかな。
やりたいことが出来て始めて親に真剣な頼みごとをしたな。
その時は一生それを続けてやるんだ、後のことなんか考えない!って感じだった。

実際1年経ったところで結果を出せて、笑えるほど完璧狙い通りにいってた。
今になってみればあの時ギアチェンジしていれば人生変わってたかもしれない。

まぁ結局3年くらい経ってやめちゃったんだけど・・・
俺の場合は性格がチキンだからダメだったんだと思う、というか自分がチキンだから・・・なんてことを考えていても仕方ない世界だったが。


何が言いたいかって、自分の道を見計れない人もいるっていうこと。



(自分自身を洗脳して/されて)道を選んでいると思い込んでいる人も、そうでないという人も、先の見えない道には進んでいないと思うのだがどうだろう?

その「先」というものが現状からどれだけ遠いものかというのは、各々だいぶ差があると思う。

しかしながら何かしら先があり、自分がそこにいけると思っているからこそ、そのレールに乗っているのではないだろうか。

それが大学卒業から就職、結婚という平凡な道であったとしても、個人個人がそれで満足ならば構わない事だろう。



当然それが嫌だという人間もいる。
先が見えないというのはよく聞く言葉だが、同じ言葉でも吐く者によって全く違う。


ポジティブに先が見えないなどと言われたら俺は間違いなくそいつを軽蔑するだろう。
先が無いっていうのは夢が無いってことだ、焦れよ、冗談半分に言われたらかなりキツイね。
「働いたら負けかなと思ってる」とか「親は金持ってるから」とか有名だけどさ、何歳で先の道を見る力が失われたんだか不思議。


逆にネガティブに吐くものには何かしら思うこともある。
俺がニートに対して多少の理解を持っているのはそういう部分だ。
先が見えなくなる時期、そのタイミングが悪ければそうなると思うし、その状況を甘んじているゲテモノとは同一視したくない。



何で今回この話題を書き始めたかっていうのもきっかけがありまして。

1年前かな、友人何人かで株式に関するグループを組んだ。
当然結成が決まればポジティブな考えがネガティブな考えを上回るため、ネガティブな考えは物質的なリスクを背負い込むということばかりが先行する。先を見るだとか何だとかいう精神的なものを意識しなくなるんだよね。

まぁ何でこのことを書いたかっていうと、もう終わったことだから。
何でも書きたいこと書いているように思われてるのかもしれないけど、腹黒い人間っていうのはこういうきっちりしたとこが腹黒いから皆さん気をつけてください。

話を戻すと、グループ解散の理由っていうのは「面白くないから」だったんだよね。



「面白くないからやめたい」「面白いから続けたい」「面白くないけど続けておきたい」


大まかに分けてこの3パターンに分かれた、ありきたり。

・俺は面白くないからやめたいと言った、議題を提示したのは俺じゃないけどね。もう一人もB型。
・面白いから続けたいと言った人の本音はわからないが、賢いっちゃ賢いよね、人生滑らないタイプだと思うわ。敵に回るには修行が必要。
・面白くないけど続けておきたいって言った人はそのまんま正直者なやつです、普段遊ぶのにはいい感じ。(例外もいるから気をつけて。例外=アホ)


んで結果だけ言うと、5分の2がやる気無いので解散しました。


やっぱ、それぞれが見ている「先/夢」っていうものの価値観が違うんだよね。
俺みたいな人間は別の面白いことが夢であり、真ん中のタイプは膨大な数の先に見えているものがあり、一番最後のタイプはある人もいれば無いひともいるものの難しいことはあまり考えないからそれはそれでよし(笑


何て言うんだろうな・・・上手く言えないけど
「夢っていうものの原料が違うと人生の価値観も違う」

夢っていうものが具体的に説明できるタイプのものばかりの人は大きな苦労をしにくくても少し損をしていると思うし、夢っていうものが抽象的なものばかりの人は精神的に苦労するかもしれないけど色々味わえて特をする可能性もある。


どちらにしても人生には夢ってのが必要ってことだと思うわけ。
[PR]
by deadontime | 2005-04-25 04:46

ぶち壊しだ

新年度に入りもう半月ですか。

私は相変らず大学生でありながら勉学に励む気はさらさら無く

現代社会における最下層民への道をひた進んでおります。


まぁしかしながら、自分の人生をどうするかというのは自分次第なわけで

自分が満足できるように生きていければ、それが「生きる」ということになるのでしょう。

生きるという事に対してポジティブな考え方も出来るようになったのは、ある意味成長しているからなのかもしれません。



前置き長くなりましたが、バイトしてるんです。

以前にも書いたように、バイトというのは金銭を得るためにするというのが基本だと考えています。

当然、「得るため≠増やすため」です。

要は元手さえあればする必要性は激減するわけです。


その上で。


私は多趣味が売りの人間なので、金銭を運用するあれこれというのも人並み以上には触れる機会が多いです。年の割には遊び方も幅を広げる事が可能だと思います。

(ちなみによく勘違いされますが、私の家は金持ちでも何でもありません)


しかし時間が余ればお金も減っていくのは極々当たり前の現象。
更に、人生を舐めきっている私はいつの間にか適当に流された日々を送り堕落していきました。


これはまずい。


そう思い始めたのが大阪旅行に行く前のことでした。
そしてこの旅行を機にバイトを始めようと思ったのです。
(強制的に時間が潰せて多少お金も入るから)


そして旅行から帰ってきた私は

堕落しきっていました。


もう完全にダメ人間です。
働く気なんか更々無いです。
お金もほとんど無いです。
時間は一杯あります。
でもダラダラしたいー。


そんな私の意識に変化をもたらしたのは、たった一つの言葉です。


「人間性能」


元々個人が生まれ持った能力にそれまでの人生で得た全てを掛け合わせたものがこれです。

どこかで人間性能に関する文献を読んだわけではありません、しかし私はこの言葉を猛烈に意識するようになった。


何をするにしても良いのです
「誇りと現実直視と実際行動の共存」
これが何より大切


誇りとは
それは自分に対しての自信(=思い込み)ではないだろうか。
「俺はやれる」「俺はこいつとは違う」「俺は負けない」

現実直視とは
それは自分を冷静に分析すること(=視野拡大)ではないだろうか。
「俺はダメな奴だ・・」「俺のここはいいな」

実際行動とは
自分自身の決断ではないだろうか。


もの凄く当たり前の事を書いているのだろう。
しかし油断をすると意識する事を忘れてしまうものだ。



これらの事を常時数%でも意識して行動をすると、客観的な位置から見た「評価」というものは大きく変化するだろう。

そしてこれを意識する事は決して難しい事ではない。


バイトの話で書き始めてしまったのでバイトのことを例にすると・・


「作業でミスをする」

ミスというものをトラウマの様に記憶してしまう人と、そうでない人がいる。
このトラウマというものは心地よいものではない、いついかなる時でも当時の記憶が鮮明に甦ってしまうのだ。

しかしながら、このトラウマというものは有効利用されていることも多い。

まずトラウマになり易い人というのは同じミスを繰り返す事がほとんど無くなる。
それは定期的に「ミスの映像」を見ることによって強制的に復習するようになるからだ。


この時は無意識にこんな感じになるだろう(複数回答可)

①当時の自分にシンクロする
②何故ああなってしまったのか・・・と悔いる
③その記憶から逃避する



③に当てはまる人は精神科に通院した方がいいかもです。



そして思うこと。

①「一度したミスは二度としない、俺はそういう能力を持っている」
②「何故あんなミスをしてしまったのか、滅茶苦茶悔しい」
③「誰だって最初はミスをする」



①と②はプライドによるものだ。これは決して思い上がりなどと馬鹿にしていい感情ではない。
プライドが湧いてくること、それが人間性能の成長に大きく関わってくるからだ。

そして③
この感情は広大で冷静な視野から生まれるものだ。一見醜い言い訳に見えるかもしれないが、これもまた一つの真理である事は多いだろう。



あー、ここまで書いたの実は昨日。続きを書きたいような気もするけど書けないや。
とりあえず俺は自分の人間性能を信じて生きてみようと思います。
その内続きを書きます、たぶん。
[PR]
by deadontime | 2005-04-23 03:51

美学

ゲームとは何だろうか?

やっぱり娯楽ですかね。それ以上でもそれ以下でも無い、位置付けとしては間違いなくそうでしょう。


今日はそんなゲームの中でも格闘ゲームに関しての話。


まず、皆さん一度は格ゲーをやったことがあると思います。
その上で貴方にとって格ゲーとはどういったものですか?

①よくわかんないけど相手を倒すゲーム
②自分の知ってるコンボを相手に食らわすゲーム
③自分の納得いくようにうまくなりたいゲーム
④とにかく勝つために努力するゲーム


③と④は似ているようで大きな違いがあります。それは「格ゲーに命を賭けられるか否か」です。

大げさだと思うかもしれませんが本当にそういう世界です。
④のような人種の人は3ヵ月後の大会を目指して時間を空けてまで毎日ゲーセンに通います。


そしてそれでも「時間が足りない」と言います。


③ような人というのは趣味が高じて~といったような感じです。私も一時期そういった状態でした。④の人とは密度が違います。



果たして格ゲーというものはそこまでする価値のあるものなのか?


これは当然各々が決める事です。しかしながらこれだけは言えます、格ゲーというものは人と競うという意味においてオリンピック競技レベルの濃さがあります。


大げさですか?たかがゲームですか?


まず見る目を持つものは「結果こうなった」という見方をしません。
そこまでに幾つもの布石が敷かれていることは多々有り、偶然という言葉で片付けられる行動というものはほとんどありません。

全てが全てではありませんが、「飛んできた」を「飛ばせた」という風に見ることができるようになれば面白いと思います。


そう、対戦相手をコントロールするにまで至るのです。
その為の地道な行動、それは全て勝つための行動、それは日々の飽くなき練習から生まれるのです。



ひとまずここら辺にして、最後の質問です。


貴方にとって波動拳とはどういった時に打つ技ですか?

①一瞬出来るであろう硬直で先手を打ちたい時
②確実に当てられる自信がある時
③打つタイミングを知らせておきたい時
④相手の反応を見たい時
⑤ゲージ回収


とある偉人は言った。

「波動拳はリーチの長い足払いだ」と。
[PR]
by deadontime | 2005-04-21 04:03

感動した

ウィラポンに勝った・・・。

もう

11R辺りからグッとくるものがあったけど

判定で涙でました。


いいもの見た。

長谷川、おめでとう。
[PR]
by deadontime | 2005-04-16 17:33

三国人よ・・・

何故そんなに・・・・


我々が有利になるように動いてくださるのですか?w



ほんっと

猪と人を罵る人たちが

猪に似ていらっしゃるのはギャグですよね?w



日本人に関わらず純粋な被害者の方にはお悔やみ申し上げます。



とりあえず今回のデモによって中国が色々と国際的に不利な立場に置かれた訳で。


これで欧州からの武器輸入再開は中国がどんなに頑張っても何かとっておきのカードを切らない限りありえないでしょう。フランスがどんなに頑張ったところで無駄、あの国に武器を持たせる理由は繕えない。

オリンピックは平気なの?このままじゃ開催中にまた空気読まないことやっちゃうんじゃないの?そこでまた日本が悪いと言うのかな、そしたら二度とオリンピック開催国にはなれなくなりますね。

何よりも国民性が全世界に伝わってしまいましたよね。今の世の風潮に合わない行動を繰り返す中国に世界平和を実現できるわけはない。世界のトップに立つ資質は無い。


あぁ、韓国でも何かあったみたいですね。高野大使と小泉首相の葬式をやったんだっけ?w



お二人とも死んでませんが何かああああああああああああああ?wwwwwww


ああいうのよくやれるよね。やる前にセンスないって気づけよ。
せめてやるなら実際亡くなられた後に祭りとして、だろ。
ほんと「死んでませんが何か?」の一言で返されるようなことをやるなよ。


まぁ・・・彼らのスペックの低さが再確認できた事は良かったです。
日本って良い事も悪い事も的確にやるから良いと思うわ。彼らって感情ばっかで行動するけど、日本人って理を大切にするよね。デモとかそういうのって本当に最終手段だし(平和ボケしてるってこともあるけど)


三国人テラワロスwww
[PR]
by deadontime | 2005-04-16 01:47

やった!やった!

ニュージーランドトロフィーでイヤダイヤダが2着になったwww

単勝11番人気で今回は流石にダメだと思われていたイヤダイヤダ

しかし調教コメントでヨシトミ大先生が

「能力の高い馬」

と珍しく褒めていたのは決して虚言ではなかった。

完璧なレース展開で最後は3着じゃイヤナノーと言わんばかりに伸びきって2着

やべぇ、NHKマイルC出れるwwww


サニーブライアン産駒なので尚更応援したい。

てかNHKマイル出るんなら府中行くわ。
[PR]
by deadontime | 2005-04-09 16:03

ある意味仕上がってる

リネ日記のアドレス

リネージュ日記

まぁ立ち回り方は変わってないんであくまでこっちがメイン。


とりあえず露店で魔石売ってる人に何か理があるのなら俺をねじ伏せてほしいねぇ。
[PR]
by deadontime | 2005-04-02 02:34